【レビュー】マレーシア発アジア周遊の旅 ホテル番外編

こんにちは、タローです。マレーシア発アジア周遊の旅、第一回タイ編にて”東南アジアのホテルはコスパ最強”と表現しましたが、
東南アジアのホテルは一体どれほど安いのか、そして質はどうなのか。筆者が実際に宿泊したホテル2選を紹介したいと思います。

 Danang Golden Bay Hotel 
ベトナム・ダナン

ベトナム中部の観光地ダナンにある「ダナン・ゴールデン・ベイ・ホテル」は、ハイエンドで豪華な5つ星ホテルです。

世界遺産に触発されたデザインと、ベトナムの伝統的な雰囲気、現代的な建築が融合したホテルです。949の客室とスイート、7つのレストランとバーがあります。

日本で5つ星ホテルに宿泊しようとすると最低でも数万円するところが、こちらのホテルは何と一泊約10,000円。日本のビジネスホテル程の値段で宿泊することができます。 

Goldenなお部屋

 こちらのホテル部屋に入って驚くことが、いたるところがGoldenなところ。

 洗面台

シャワー

トレーまでもがGolden!

部屋の様子

そして、オーシャンビュー。何時間でもぼーっとして過ごせそうです。

ホテルの最上階にはルーフトッププール・バー

夜には、鮮やかにライトアップされたダナンの街を一望できます。

さらに、ドラゴンブリッジやビーチなどの主要観光地へはホテルから無料シャトルバスが出ているため、アクセスも抜群です。

ダナンに訪れた際はまた利用したいと思えたホテルです。

【Danang Golden Bay Hotel】

01 Le Van Duyet Street, Nai Hien Dong Ward, Son Tra District , Da Nang City.
Email: info@dananggoldenbay.com
Phone: (+84) 236 3 878 999

続いて、なんと一泊500円から!

ブティック ドミトリー 高知家
カンボジア・シェムリアップ

「高知家」は、日本人経営の2つ星ホテル。アンコールワットが有名なカンボジア・シェムリアップにあるドミトリーです。

先ほどの「Danang Golden Bay」と比べるとお世辞にも綺麗だとは言えませんが、それでも一泊500円という安さは魅力的です。

男女別のドミトリールームの他、ツインルームもあります。

こちらのホテルの一番の魅力は、日本語の通じるスタッフがいることです。

海外旅行をするとき、現地の言語が分からないと、いつの間にか危険な状況に巻き込まれていたり、お金をだまし取られたりするリスクがありますよね。

(両方筆者の体験談です、、笑)

ですが、こちらのスタッフさんは日本語を話せるので困ったことがあれば何でも相談できることが魅力的です。

実際に筆者もトゥクトゥクの運転手と料金でもめていた時、スタッフさんに助けてもらいました。

【高知家】

ADDRESS:Artisan d’angkor, Angkor Night St.,Krong Siem Reap, Cambodia
EMAIL:info@kochi-ke.com
TELEPHONE:+855 96 306 8468

以上、筆者が実際に泊まって「コスパいいなぁ」と思ったホテルを2つ紹介しました!

また次回も読んでいただけると幸いです。

↓↓コラムも読んでね!↓↓

タロー

タローライター

投稿者プロフィール

日本からアジアを届けます。

2019年3月から12月まで、フィリピン、マレーシア、タイ、カンボジア、ベトナム、中国、香港をプラプラしていました。その際の経験を発信したいと考えています。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。