【Covid-19】マレーシアのCovid-19に関する発表 時系列まとめ 

2021年

2月19日 
店内での食事と車両乗車人数の制限解除。
セランゴール、クアラルンプール、ジョホール、ペナンの「MCO 2.0」3月4日まで延長。プルリスは「RMCO」に移行し、他の州は「CMCO」の下にあります。
2月13日 
非イスラム教の礼拝所は、限られた時間で、一度に最大30人の礼拝者を受け入れることができます。
2月10日 
アパレル、靴、ファッションアクセサリーの小売店が営業許可。
2月7日 
CNYSOPは自宅で最大15人の再会ディナー、半径10km以内に住む人々の訪問を許可。
2月5日 
理髪店、洗車センターが営業可能。
2月4日 
CNYの訪問は許可されず、祝賀会は世帯内に限定されます。
2月2日 
MCO2.0は2月18日まで延長され、より厳格な措置が取られました。


1月28日 
MCOの下での営業が許可されている企業は、1月29日から午後10時まで営業できます。
1月27日 
MCO(シブの場合)およびCMCO(サラワクの他の地区の場合)は2月14日まで延長されます。
さまざまな州に住む夫婦が国境を越えて再会することが許可されます。
1月22日 
サラワクを除くすべての州は、2月4日まで運動管理命令(MCO)の対象となります。
1月21日 
MCOの州の飲食店は、午後10時まで営業できます。
1月13日 
26日まで、ペナン、セランゴール、クアラルンプール、プトラジャヤ、マラッカ、ジョホール、サバに移動管理命令(MCO)が課せられます。回復中のMCOのサラワク。
1月1日
RMCOが3月31日まで延長されたため、観光は「厳格なSOP」の下で引き続き許可される。

2020年

12月28日
CMCOは、KL、セランゴール、サバ、およびペナンの一部、ヌグリスンビラン、ジョホールで拡大しました。
12月22日
英国からの留学生を除き、1月1日から留学生がキャンパスに戻ることができます。
12月18日
影響を受けるほとんどの場所のCMCOが12月31日まで延長されました。
12月15日
ブルネイからサバに到着した人は検疫を受ける必要はありません。
12月11日
CMCOは、クランタン州のPasirMasとMachangのTanahMerahで終了します。
12月7日
テーブルルールが撤回され、飲食店は午前6時から午前2時まで営業できます。
12月5日
CMCOは、サバ州、クアラルンプール、セラン​​ゴール州の大部分、ジョホール州とヌグリスンビラン州の一部を除くほとんどの場所で解除されました。
12月4日
サバ州はマレーシアの州からの社会的訪問者に国境を再開します。

11月30日
イポーの住宅団地とラハッダトゥーの村がEMCOの下に置かれた。
11月28日
コーランの教師は1対1のクラスを行うことを許可されました。
11月21日
ジョホール、トレンガヌ、ケダ(クリムを除く)、マラッカでCMCO解除。クランタンでCMCOの開始。
11月13日
CMCO地域では、同じ世帯から3人が1台の車両に乗車できるようになりました。クチンを除いて、保育所は開くことができます。
11月12日
メダン88、バンダルサラッティンギ、セパンのEMCOは25日まで。
11月7日
サバ州、クランバレーのCMCOが12月6日に延長されました。
11月9日
12月6日まで、ケダ、ペナン、ペラ、ネグリスンビラン、マラッカ、ジョホール、トレンガヌでのCMCO。

10月21日
CMCO地域では、管理職と監督者の10%のみがオフィスで働くことが許可されますが、週3日午前10時から午後2時までしか許可されません。
10月20日
CMCO傘下の地域の管理職および監督職の公務員および民間労働者は10月22日から在宅勤務。
10月20日
11月2日まで、カンポンマタンバイのケパヤン刑務所と刑務所職員の宿舎に関するEMCO。
10月13日
ラハッダトゥーのタマンカザナインダとPPRムティアラカシが10月13日から26日までEMCOの下に置かれた。
10月12日
クアラルンプール、セラン​​ゴール、プトラジャヤのCMCOは10月12日から27日まで。
サバ州のCMCOは10月26日まで延長され、EMCOは10月13日から26日までタワウのフェルダウマスに課されます。
サバ州は、10月12日から25日まで、基本的なサービスを提供する人々、学生、公務員を除いて、非サバハン人との国境を閉鎖します。
10月10日
トロピカーナゴルフ&カントリーリゾートの労働者寮が14日間のEMCOの下に置かれました。
サラワクに入るマレーシア人は、強制的に14日間の検疫を受ける必要があります。
10月7日
条件付きMCOは、10月9日からクラン、パパル、サンダカン、トゥアランに拡大されました。
コタキナバル、ペナンパン、プタタンは外出禁止令を受けました。非サバハン人は州に入ることができません。
10月4日
18日まで、サラワク以外の人はサラワクに入国できません。サラワクに到着した人は、センターで14日間の検疫を受ける必要があります。
10月3日
10月16日まで、サバ州での地区間旅行が禁止されました。

9月29日
10月12日まで、タワウ、クナック、センポルナ、ラハッダトゥーでEMCO。
9月27日
10月10日までにサバ州から国際または国内のエントリーポイントに到着するすべての個人は、Covid-19スクリーニングを受ける必要があります。
9月25日
マレーシアに入国するすべての外国人は到着時にRM4,700を支払う必要があります。
9月23日
ラハッダトゥーの30校が一時的に閉鎖。
9月19日
サバ州からサラワクに入る人は、3日前に必要なPCRテストを受ける必要があります。
9月15日
学生は海外旅行を許可されました。
9月11日
クダ州コタセタールで行政強化MCO。
9月3日
15万件以上の症例を持つ国からの入国禁止。

8月28日
回復MCOは12月31日まで延長。
8月27日
クダ州アマンジャヤが8月28日から管理EMCOの下に置かれる。
8月25日
12歳以下の学生はマスクではなくフェイスシールドのみが必要です。
8月16日
ペナンは、州内の事件で厳格なSOPを課します。
8月8日
プルリスは、Kg KualaSanglangとKgTanahTimbulの28日間の強化MCO。
8月7日
クダに隣接するプルリス地区のいくつかのモスクが閉鎖。
8月7日
シャーアラムスラウ、学校の閉鎖。
8月3日
MySejahteraアプリは、インターネットが不安定な地方を除いて、すべてのビジネスに必須です。
8月2日
ケダ州の5つの学校が28日間閉鎖され、移動が制限された地域がシバガンガクラスターの影響を受けた。

7月27日
HariRaya Aidiladhaの自宅でのお祝いは、一度に20人に制限されています。
7月26日
マレーシア半島、サバ州、ラブアン、サラワクに移動するマレーシア人は、指定されたホテルで検疫を受ける必要があります。
7月25日
警察が逮捕を開始し、2回目のCovid-19テストをスキップした帰還者を起訴。
7月24日
海外からの帰還者は、自宅ではなく、センターで隔離される必要があります。
7月22日
公共交通機関でフェイスマスクが義務付け。プライマリー1-4学校を再開。
7月15日
フォーム1〜4およびプライマリー5〜6の学校再開。すべての国立学校再開。
7月14日
クチンの3つの地区の学校は8月3日までさらに2週間再開を延期。
7月1日
幼稚園と保育園が再開。映画館、公共プール、その他多くの施設が再開。ショッピングセンターで購入する前に洋服を試すことができるようになりました。


6月29日
ショッピングモールでの複数温度スクリーニングはありません。
6月24日
学校が再開されますが、フォーム5とフォーム6の生徒のみが対象です
6月21日
非イスラム教徒の結婚式は、登録された会場で許可され、最大20人の参加が可能。
6月17日
レストランはテーブルに4人着席できます。
6月15日
オープンエアの市場やバザー再開。
6月10日
理髪店、美容室再開。国内旅行を含む多くの制限が緩和されます。
6月2日
デイケアセンターは、提供されたガイドラインに従い、再開することができます。
6月1日
仕事、医療、緊急の理由による州間高速道路の旅行が再び許可されます。

5月26日
車両1台あたり4人の制限が解除されました。
5月14日
金曜日の祈りは、条件付きで、Perlis、Johor、Perak、Negeri Sembilan、Malacca、およびFTで再開されます。
5月10日
CMCO 6月9日まで延長。
5月5日
門限はなくなりましたが、州間の旅行は依然として制限されています。
5月4日
ほとんどのビジネスおよびスポーツ活動は厳格なSOPで許可されます。

4月29日
MCO規則が緩和され、同じ世帯のメンバーがペアで出かけて必需品を購入できるようになりました。
4月25日
EMCOがKL卸売市場周辺に拡大
4月23日
MCO5月12日まで3度目の延長。
4月20日
EMCOがKL卸売市場とその周辺の住宅地に課せられました。
4月15日
UPSRとPT3はキャンセルされ、中等学校の試験は2021年に延期されました。
4月14日
Tahfizの学校と家を除いて、HuluLangatのEMCOが解除された。
EMCOは、クアラルンプールのマスジドインディア周辺地域に拡大しました。
4月10日
4月28日までのMCO延長を発表。
4月7日
EMCOの下にさらに2つのKLアパートブロックが配置されました。
4月6日
労働者1人あたり最大RM1,200の賃金補助金を含む、中小企業へのさらなる援助。
4月3日
海外から帰国したマレーシア人は14日間検疫センターに隔離されます。
4月1日
すべてのビジネスは午後8時から午前8時まで閉鎖。
自宅から10kmの移動制限。

3月30日
クアラルンプールのコンドミニアムと9つのHuluLangat村とSimpangRenggam村の封鎖。
3月25日
MCOは4月14日まで延長。
3月18日
運動管理命令(MCO)開始。

かりわめぐみサイト制作・運営、動画制作、カメラマン、ライター

投稿者プロフィール

マレーシア生活 3年目。マレーシアポケットでは、私の体験を元にディープなマレーシアを紹介しています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。