マレーシア、すべての入国者を対象に強制検疫実施

空港内

2020年7月24日から、国外からマレーシアに到着するすべての入国者は、指定された検疫所で14日間の強制検疫を受ける必要があります。

マレーシア保健省は、2020年6月10日から7月23日までの間にクアラルンプール国際空港(KLIA)で24,701人を検査した。

そのうちの24,621人はCovid-19検査で陰性であり、自宅検疫を受けている。陽性と判定された80人が治療のために病院に送られた。

かりわめぐみ

かりわめぐみサイト制作・運営、動画制作、カメラマン、ライター

投稿者プロフィール

マレーシア生活 3年目。マレーシアポケットでは、私の体験を元にディープなマレーシアを紹介しています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。