【ペルヘンティアン島】2020年改装のリゾートホテル「Arwana Perhentian Resort」

「Arwana Perhentian Resort」は、ペルヘンティアン島にあるリゾートホテル。2020年3月に、全客室を改装したばかりの清潔感のあるホテルです。

Arwana Perhentian Resortは、こんな人におすすめ

  • リゾートホテルでゆっくり過ごしたい
  • 美味しい料理が食べたい
  • ダイビングを楽しみたい
  • 新しい施設に宿泊したい

客室

ホテルは2004年にオープン、2020年3月に全館改装した清潔感のある美しいホテルです。

客室数は97部屋。バルコニー&客室プール付きの「Cinta Villa」からは広大な海が一望できます。

室内には、ティーセット、電子ケトル、ティッシュ。エアコン完備。全然気にしてなかったのですが、部屋にテレビがなかった気がします。客室Wi-Fiはありません。Wi-Fiを使用する際は、ロビーへ。スマホの電波は問題なく入りました。

私の宿泊したスタンダードルームにはバスタオルが2枚ありました。私の団体の中で、2部屋ほどバスタオルがない部屋がありました。清掃員が入れ忘れている可能性があるので、アメニティがない場合は、フロントに申し出ましょう。

バスルームには、水の出るシャワーと湯沸かし器があります。バスアメニティは、足ふきマット、シャンプーとバスソープ。歯ブラシ、フェイスタオルはありません。トイレットペーパー有りました。

客室がぐるりとプールを取り囲む構造になっています。日中は、部屋の外が大変にぎやかになります。

午前11時、入浴中に清掃員が鍵を開けて部屋に入ってくるハプニングがありました。レイトチェックアウトのはずが、通常の清掃時間と勘違いしていたようです。レイトチェックアウトと伝えるも「知らない、早く部屋を出ていけ」の一点張りで困り果てました。この日は、取材旅行だったため、すぐにコーディネーターが対応にきてくれました。

館内設備

ロビーのみ、Wi-Fiが利用できます。パスワードはフロントで確認してください。フロントデスクは毎日午前7時から午後10時まで営業しています。ロビーには2つのレストラン、バーカウンターがあり、レストランからは海が一望できます。

朝食、ランチの時間ぴったりにレストランへ向かうと、会場に入れてもらえないハプニングがありました。朝食は提示された時間の30分後、ランチは1時間後にはじまりました。少し時間をおいて会場入りしたほうが良いかもしれません。Wi-Fiはロビーのみですが、レストランの入場を断わられるので、パソコンの使用場所に困りました。

プールサイドにスパがあります。カップル用の部屋を含む3つの部屋があります。ボディスクラブ、マニキュア、ペディキュア、アロマテラピーが提供されています。スパにはスパ用浴槽があり、毎日営業しています。

他に、スイミングプール(10:00 am-7.00pm)お土産ショップ、ダイブセンターがあります。

その他情報

チェックインは、午後2時から午後5時30分まで。チェックアウトは午前11時前です。レイトチェックアウトがあります。

ボートの運行スケジュール
桟橋発→宿泊施設行き: 7:00 AM/ 9:30 AM/10:30 AM/ 2:00 PM/ 4:30 PM
宿泊施設発→桟橋行き: 8:00 AM/12:00 PM/ 4:00 PM

注意点

  • モンスーンシーズンに伴い、11月~2月の間は閉館。
  • 新型コロナウィルス感染拡大に伴い、当面の間、予約のみ受け付け。
  • トレンガヌ州では、一部のリゾートホテル、中華系レストランを除きアルコールの持ち込み飲食が禁止されています。こちらのホテルでは、客室内での飲酒が発覚した場合、RM500の罰則金が発生します。
  • チェックイン時に1室1泊あたり10リンギットの観光税が支払う必要があります。

Arwana Perhentian Resort
住所:Perhentian Island, Terengganu, Malaysia
電話:+609 7780888、+609 7781888
FAX:09-7782288
メール:enquiry@arwanaperhentian.com.my
HP:http://www.arwanaperhentian.com.my/

記事協力:Gaya Travel Magazine  https://www.gayatravel.com.my/

かりわめぐみ

かりわめぐみサイト制作・運営、動画制作、カメラマン、ライター

投稿者プロフィール

マレーシア生活 3年目。マレーシアポケットでは、私の体験を元にディープなマレーシアを紹介しています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。