【無形文化遺産】マレーシアの「シラット」無形文化遺産に認定

Silat

2019年12月12日にコロンビアのボゴタで開催された「第14回文化遺産保護に関する政府間委員会」のセッションで、マレーシアの伝統的な格闘技である「シラット」が無形文化遺産のリストに加わりました。

ユネスコ「国際連合教育科学文化機関(United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization U.N.E.S.C.O.)」は、世界の遺産や文化の保護を目的とした組織です。

マレーシアのシラットは、肉体と精神のトレーニングを組み合わせた古代の武術です。人体、自然、動物の動きなど、さまざまな”型”があり、マレーシアだけでも、動植物にちなんで命名された150を超えるシラットスタイルがあります。

2019年度の文化遺産リストには、新たに15の文化的慣行が決定し、東南アジアからはマレーシアのシラットのほかに、インドネシアの格闘技「Pencak Silat」、伝統的なタイ式マッサージ「Nuad Thai」が登録されました。

2019年度ユネスコ無形文化遺産登録リスト

  1. Traditions of Pencak Silat, Indonesia
  2. Provision of services and hospitality during the Arba’in visitation, Iraq
  3. Irish harping, Ireland
  4. Celestinian forgiveness celebration, Italy
  5. Ak-kalpak craftsmanship, traditional knowledge and skills in making and wearing Kyrgyz men’s headwear, Kyrgyzstan
  6. Silat, Malaysia
  7. Kwagh-Hir theatrical performance, Nigeria
  8. Practice of traditional music and dance in Setesdal, playing, dancing and singing (stev/stevjing), Norway
  9. ‘Hatajo de Negritos’ and ‘Hatajo de Pallitas’ from the Peruvian south-central coastline, Peru
  10. Winter festivities, Carnival of Podence, Portugal
  11. ‘Ie Samoa, fine mat and its cultural value, Samoa
  12. Drotárstvo, wire craft and art, Slovakia
  13. Holy Week processions in Mendrisio, Switzerland
  14. Practices and craftsmanship associated with the Damascene rose in Al-Mrah, Syrian Arab Republic
  15. Nuad Thai, traditional Thai massage, Thailand
かりわめぐみ

かりわめぐみサイト制作・運営、動画制作、カメラマン、ライター

投稿者プロフィール

マレーシア生活 3年目。マレーシアポケットでは、私の体験を元にディープなマレーシアを紹介しています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。