マレーシア、フェイスマスク着用を義務化

マレーシアでは、2020年8月1日より、混雑した公共の場所や公共交通機関でフェイスマスクを着用が義務付けられます。

上級大臣(安全保障局)は、過去3日間のCovid-19の陽性事例の増加と一般の標準操作手順(SOP)へのコンプライアンスの低下に続いてこの決定がなされたと述べました。

「Covid-19事件が2桁に増加したことを踏まえ、政府は混雑した公共スペース、特に屋内や公共交通機関で、マスクを公共の場で着用することを義務化することを決定しました。

判決を順守しない人は、1988年感染症予防および管理法に基づくRM1,000の複合通知を発行されるか、法廷で起訴される可能性がある」と彼は議会で語った。

回復運動管理命令の間、違反者はRM1,000の罰則金を発行されるか、投獄される可能性があります。

彼はまた、「マスクは3時間ごとに交換するのが理想的ですが、1日に1つのフェイスマスクを使用することもできます。しかし、世界保健機関(WHO)は、人々が一連の厳密な仕様に従って自分のフェイスマスクを作成できることを決定しました。マレーシアでは、後に保健省が自家製のフェイスマスクの仕様について発表する予定です」と付け加えました。

大臣は、特にフェイスマスクの着用と社会的距離の維持において、SOPを遵守するよう全員に呼びかけました。

かりわめぐみ

かりわめぐみサイト制作・運営、動画制作、カメラマン、ライター

投稿者プロフィール

マレーシア生活 3年目。マレーシアポケットでは、私の体験を元にディープなマレーシアを紹介しています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。