【まとめ】バドミントン桃田選手事故に関するマレーシアローカルメディアの記事まとめ

マレーシアで発生した桃田賢斗選手の事故に関してマレーシアでも大きく取り上げられています。マレーシアポケットでは、桃田選手に関するローカルメディアの記事を取り上げます

1.交通事故の経緯

2019年1月13日午前4時40分、クアラルンプール郊外のマジュ高速でクアラルンプール国際空港に向かっていたバドミントン世界1位の桃田賢斗選手らが乗ったバンがトラックと衝突した。

バンの運転手、B.ナゲシュワラウ(24)は死亡が確認され、遺体はプトラジャヤ病院に搬送された。

桃田選手の他に、アシスタントコーチ平山優(35)、理学療法士森本哲史(42)、バドミントン連盟のウィリアムトーマス(30)が同伴していた。

2.The Star Online「ケントは跳ね返る」

「世界No.1の桃田賢斗はトラウマを抱える出来事を経験したが、この経験がこれまで以上に良くなる燃料となるかもしれない。」

そう話すのはスポーツ心理学者のムハンマド・ディーンだ。

彼は、日本人男性のシングルエースは逆​​境によって強化される人物であると話す。

ムハンマドは、桃田選手が事件後に心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症する可能性があると考えているが、チームから受けているサポートのおかげで克服することができると推測する。

「一部の人は、事故によるストレスで心に大きな負担がかかるとPTSDにつながる可能性がある。こ」と、2015年から2018年にかけて国立スポーツ研究所(NSI)に勤務していたイギリス人は語った。

「症状は全てすべて個人によって異なるが、車で旅行したり、フラッシュバックのために寝るのに苦労したりする恐れを感じる人もいる。」

「桃田選手に関しては、パク・ジュボン(日本代表)と他のチーム役員が病院で彼の側にいたことは良いことだった。彼らの存在は、違いをもたらしただろう。」

「負傷した他の2人も、一緒にトラウマを克服するでしょう」と彼は付け加えました。

ムハンマドは、今回の出来事が心的外傷後の成長の機会を与えると指摘した。

「彼は、事故を無傷で生き延びた後、自分自身に感謝し、彼の人生をさらに大事にするでしょう」と述べた。

彼は今、オリンピックに勝つために、もっともっと元気づけられるかもしれない。

「テニスのスター、セレナ・ウィリアムズやアンディ・マレーのような世界のトップアスリートの一部は、逆境に直面し、多くのことを成し遂げた。桃田選手がキャリアで大きな後退に直面したのは初めてではない。」

プトラジャヤ病院で治療を受けている桃田選手は、15日に退院して日本に帰国する。

The Star Online,”Kento will bounce back”

https://www.thestar.com.my/sport/badminton/2020/01/15/kento-can-bounce-back

3.The Star Online ”チョン・ウェイ「桃田は悲劇を克服し、オリンピックに復帰する」と言及”

マレーシアのバドミントンの伝説のリー・チョン・ウェイは桃田選手の事故について言及した。チョン・ウェイは、致命的な交通事故に巻き込まれた桃田選手がトラウマを克服し、オリンピックの前に復帰の可能性があると言及した。

チョン・ウェイによると、25歳の日本人エースにとって今重要なのは、彼が競技復帰を考える前に完全に回復すること。

チョン・ウェイは、よく理解しているに違いない。

 チョン・ウェイは、2012年、トーマスカップの最初のシングルマッチでデンマークのピーターゲードクリステンセンとの試合で足首を負傷し、アリーナから救急車で搬送された。彼はその試合開始からわずか4分後、加えてロンドンオリンピックの3か月前という時期に負傷した。

彼は集中的なトレーニングで復帰を遂げ、オリンピック決勝に進出した。

「私はその時、オリンピックでベストを尽くせないのではないかと心配でした。しかし、その時点で鎮痛剤を服用しながら、私はまだトレーニングを続けていた。ロンドンでの試合でも痛みがありましたが、私はそれを乗り越えました。」

チョンウェイは、ドライバーの命を奪った事故について知り、急いでプトラジャヤ病院にいる​​桃田を訪問する関係者の1人だった。

「この(昨日)朝に起こったことは悲劇的で、誰もこれを望んでいない」とチョン・ウェイは言った。

「関心を持っているのは私たちマレーシア人だけではなく、世界中のファンです。私は桃田に話をしました、彼は大丈夫です。」

「私たちは皆、彼がバドミントンコートに戻ってくることを望んでいますが、今のところ、彼に迅速な回復を望みましょう。」

The Star Online ”Chong Wei says Momota will overcome tragic incident and make comeback for Olympics”

https://www.thestar.com.my/sport/badminton/2020/01/14/chong-wei-says-momota-will-overcome-tragic-incident-and-make-comeback-for-olympics

4.Malay Mail 「チョン・ウェイは桃田の迅速な回復を願っている」

元ナショナルバドミントンのエース、ダトゥク リー・チョン・ウェイは、事故に巻き込まれた世界ナンバーワンのバドミントン選手、桃田賢斗の迅速な回復を望んでいる。

「私は彼と話をして、彼の状態を見て、気の毒に思いました。加えて、この事故は彼がタイトルを獲得して日本に帰る途中で起こりました。」とチョン・ウェイは話す。

プトラジャヤ病院で桃田選手を訪問した後、チョン・ウェイは「すべてのバドミントンファンが彼の状況を心配していることを知っています。桃田選手が完全に回復し、バドミントンコートに戻ることを祈りましょう。」と述べた。

また、一方、経済相のダトゥク・セリ・モハメド・アズミン・アリも、ツイッターでこの事件に対し、悲しみを表明した。

「今朝、日本バドミントン選手の桃田賢斗に降りかかる不幸な出来事を聞いて心が痛いです。救助隊に感謝します。関係者の方々の早急な回復を祈っています。」と彼は述べた。

Malay Mail, “Chong Wei wishes Momota speedy recovery after horror crash”

https://www.malaymail.com/news/malaysia/2020/01/13/chong-wei-wishes-momota-speedy-recovery-after-horror-crash/1827574

5.The Star 「ノルザ会長はモモタが3月にマレーシアオープンに復帰することを望む」

マレーシアバドミントン協会(BAM)のダトゥク・セリ・ノルザ・ザカリア会長はクアラルンプール国際空港内においてメディアに語った。

ノルザ会長は「桃田選手との別れ際、あなたの身に起こったことを非常に悲しく気の毒に感じている」。

「桃田選手に迅速な回復を祈っており、マレーシアオープンで彼に会えることを望んでいると伝えた。」と語った。

「桃田選手は笑顔で答えた。」

また、ノルザ会長は今回の桃田選手らの帰国を個人的に手配し、

「我々は医師から退院の許可を得てから旅行の手配をした。桃田選手らが搭乗前に休憩できるよう空港近くのホテルを宿泊するようにしました。」

と説明した。

「桃田選手は落ち着いていて、あまり話しませんでした。彼が望んでいたのはできるだけ早く日本に帰国することでした。」

また、ノルザは全ての関係者の効率的かつ迅速に対応する努力を称えました。

「今回の事故に関係した警察と消防署、プトラジャヤ病院の医療チーム、そして過去数日間にわたって熱心に働いた秘書のダトゥク・ケニー・ゴーが率いるBAMスタッフに感謝したい。」と述べた。

The Star Online, “Norza hopes Momota returns for Malaysian Open in March”

https://www.thestar.com.my/sport/badminton/2020/01/16/norza-hopes-momota-returns-for-malaysian-open-in-march

上地依理子

上地依理子運営

投稿者プロフィール

マレーシアポケットライター。学業の傍らインターネットメディアについて学んでいます!マレーシアの面白いところをどんどん届けていきたいです!よろしくおねがいします!!!

【えりんぎのマレーシア留学日記】https://www.eringilife.com/
【YouTube】https://www.youtube.com/channel/UCrer31lyRbA4hsxDIUAKF-w

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。