【ニュース拾い読み】オンライン詐欺グループ680人逮捕。321人に有罪判決。

news

2019年11月20日、オンライン不正行為の疑いで680人の中国人が逮捕され、12月13日に行われた裁判では、373人が不法労働の疑いで起訴された。

起訴されたうち、321人が有罪判決を受け、残りの52人は、1月10日に再度パスポートの真正性を審議する。

有罪判決を受けた290人は逮捕日から4ヶ月の禁固刑。31人はRM5,000の罰金、罰金が支払われていない場合は国外追放の命令を受けた。

今年最後のビッグニュースとなったオンライン詐欺グループの大量摘発。逮捕のきっかけは、近隣住民からの通報で、通報から約一ヶ月間の張り込みの調査の末、詐欺グループの摘発に至りました。

このグループはITの中心地である「サイバージャヤ」に事務所をかまえ、マレーシアを拠点に活動していました。

突入時、警察が侵入できないようにドアをロックして、建物から飛び降りて逃走しようとする人もいたようです。

11月20日の襲撃当初は、1,000人ほどの従業員が働いていたとの情報もありましたが、12月13日の発表では、680人が逮捕され、うち321人が有罪判決を受けました。

オンライン詐欺といえば、民家の一室であったり、人目に付かず活動するイメージでしたが、堂々とした詐欺グループに、マレーシア中が驚いたニュースでした。

2019年12月16日追加情報

続報です。373人の中国人グループの裁判後、次の152人の裁判が行われました。

2019年12月16日、11月20日にサイバージャヤで行われたオンライン不正行為の疑いで合計152人の中国人とバングラデシュ人が起訴されました。

19歳から34歳までの男性130人と女性23人は全員、有効な書類と長期滞在ビザなしで入国した罪で起訴された。彼らに対する告発は、入国管理局の3人の通訳によってマンダリンとマレーで読まれました。被告人153人全員が告発に対して有罪を認めた。
合計のうち、102人の個人が1959/63移民法のセクション6(3)に基づき、有効な渡航文書の作成に失敗したとして起訴され、裁判所はそれぞれRM5,000の罰金を科しました。
別の51人は同じ法律の第15条(4)に基づき、長期滞在の罪で起訴され、裁判所は5か月の刑務所で、RM15,000の罰金を科した。
被告人152人が罰金を支払った一方、1人が罰金を支払わなかったために刑務所の刑に服するよう命令した。

http://bernama.com/en/general/news.php?id=1799918
かりわめぐみ

かりわめぐみサイト制作・運営、動画制作、カメラマン、ライター

投稿者プロフィール

マレーシア生活 3年目。マレーシアポケットでは、私の体験を元にディープなマレーシアを紹介しています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。