【マレーシアの交通事故】3日間で4,971件の交通事故、42人が死亡。

旧正月に合わせて交通安全を促進する対策が取られています。期間中、最初の3日間で 4,971件の交通事故、42件の死亡事故が発生しました。

2020年1月18日から2020年2月1日まで、交通安全を促進する「Op Selamat 16」が施行されています。この作戦は、旧正月の混雑中の交通事故を減らし、安全に道路利用者の安全を確保することが目的です。

Op Selamat 16のわずか3日間で、全国で7,480台の車両を含む4,971件の交通事故が発生しています。これらの事故で、28件のバイク事故を含む42人が死亡しました。

警察は、最初の3日間で合計70,804件の交通違反に対して召喚状を発行。

セランゴールの交通事故件数は1,557件で最も多く、続いてジョホール786件とクアラルンプール548件です。

かりわめぐみ

かりわめぐみ運営

投稿者プロフィール

マレーシア生活 2年目。カメラマン、エディター、イラストレーター、ライターをこなす、なんでも屋。得意なジャンルは、旅客機、アメ車、ゲームFPSとPVP、海外映画、ポストモダン建築、東南アジア史、レコーディング、ハンドドリップ、ハウスキーピング、ボディセラピーなど。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。