【値下げ】ペナン第2ブリッジ通行料をRM8.50からRM7.00に引き下げ

2020年1月1日より、ペナン第2ブリッジ「Sultan Abdul Halim Muadzam Shah Bridge」の通行料金がRM8.50からRM7.00に引き下げられました。

マレー半島からペナン島へ移動するために利用するペナンブリッジとペナン第2ブリッジがあります。自家用車、グラブで通行する際に橋の使用料金を支払う必要がありますが、その通行料金がRM8.50からRM7.00に引き下げられました。

今回の通行料の値下げは、生活費の削減と生活の質の向上への取り組みの一環としてLim Guan Eng財務大臣によって発表されました。

2014年のペナン第2ブリッジ開通以来、3260万台の車両に安全な通路を提供しており、その数は年間平均32%増加しています。2014年には、340万台の車両がこの橋を使用し、2016年には480万台、2017年には810万台に達しました。通行料の削減により、2020年にはより多くの利用者が期待されています。

午前や夕方はとても混雑するペナンブリッジ。第2ブリッジの値下げによって、ペナンブリッジの混雑緩和が期待されています。

かりわめぐみ

かりわめぐみサイト制作・運営、動画制作、カメラマン、ライター

投稿者プロフィール

マレーシア生活 3年目。マレーシアポケットでは、私の体験を元にディープなマレーシアを紹介しています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。